蛭田菜月

36期で紅一点で活躍した。女子硬式野球の先駆け的な存在である。とにかくかっこよい!兄も清瀬ポニーに在籍。現在兄は武蔵大学硬式野球部で活躍する野球一家である。卒団後、埼玉栄女子硬式野球部に所属、3年時、キャプテンに選ばれ、見事全国制覇!侍女子ジャパンにも選抜され、アジア大会で大活躍した。現在(2018.10)はクラブチーム、サムライに所属し背番号5内野手で活躍する。好機に強い打撃は一層の磨きをかけた。蛭田菜月にあこがれ硬式野球に進む女子が増えているという。

練習試合(尚美学園大学グラウンドにて))

リーグ戦(埼玉栄高校グラウンドにて)

高校進学 埼玉栄高校 女子硬式野球部入部(2015.4)
大学進学 東洋大学
所属クラブチーム NPO法人 女子硬式野球サムライ
部員数 32名
練習・時間 基本的に土・日・祝日 9:00~14:00 シートノック、ゲームノック、フリーバッティング、バント練習、ケースバッティング等
リーグ名 ヴィーナスリーグ(関東女子硬式野球連盟) 2部リーグ所属
リーグの特徴 2002年に創部。埼玉県を拠点に、高校生から成人まで幅広い年代を受け入れ、日本・世界に女子硬式野球を広め、環境を整備していくことを目的に活動しています。
2018成績 第14回全日本女子硬式野球選手権大会(2018年8月開催) 第3位 
将来の進路(希望) 野球を続けながら侍ジャパン女子代表入りを目指します。
将来の夢 女子野球を世界に広めるために力を発揮したい。
清瀬ぽにー在団生(後輩)へのアドバイス 自分が野球を続けていられるのは、清瀬ポニーで監督・コーチに指導していただいた野球のおかげです。当時教わったことが高校、そしてクラブチームに入った今でも活きています。野球を楽しんでください!

全日本女子硬式野球選手権大会(松山市)でにてチームメイトとの集合写真