清瀬武蔵野

6/27 関東連盟長杯 準々決勝 江東G

  2 3 4 5 6 7 合計
江東S 0 0 0 0 0 0 0 0
清瀬武蔵野 2 0 1 0 0 0 X 3

勝ち投手 海老塚泰 

初回の立ち上がりを攻め、2得点とした。この2点が後に重い2点となり選手達に勇気を与えた。このゲーム投手戦となり、守りではランナーを背負う苦しい展開が続いたが、要所を締めた清瀬に軍配が上がった。先発、海老塚泰がよく投げた。最終回、2アウト満塁のピンチを迎えたが、6回から継投した森山が抑えた。関東ベスト4入りを果たした。

6/26 清瀬G 練習試合 第二試合

  2 3 4 5 6 7 合計
清瀬 2 0 3 12 2 0 0 19
前橋中央ボーイズ 1 0 0 0 5 0 10 16

勝ち投手 海老塚泰 2塁打 高橋、大貫
両チーム合わせて31安打を放ち12四球、失策12の大味なゲームとなった。これも野球である。皆楽しもう!

6/6 関東連盟長杯 北千葉G

  2 3 4 5 6 7 合計
小平P 1 0 0 0 0 1 0 2
清瀬武蔵野 0 0 0 0 0 4 X 4

勝ち投手 森山 3塁打 高橋

先発海老塚(泰)から森山に継投し制球よく最小失点に抑えた。2-0の2点ビハインドで迎えた6回ノーアウト満塁から走者一掃の3塁打を高橋が放ち逆転すると続く海老塚(泰)が犠飛を放ち4点とした。最終回2アウト満塁のピンチを迎えたが、何とか逃げ切った。関東ベスト8を決めた。

5/5 理事長杯予選 E東京G

  2 3 4 5 6 7 合計
清瀬武蔵野 0 0 0 0 0     0
清瀬p 9 0 2 2 x     13

負け投手 八幡 2塁打 本田

4/4 春季大会敗者復活戦 千葉ジャガーズG

  2 3 4 5 6 7 合計
千葉M 3 0 2 5 2 9   21
清瀬武蔵野 1 0 0 0 2 2   5

負け投手 落合 2塁打 板垣

被安打13,失策10で21点奪われたが、清瀬もくらいつき、5点返し、最後まで諦めない闘志を見せた。5回コールドは免れたが6回に力尽きた。

3/14 春季大会1回線 鬼怒グリーンパーク

  2 3 4 5 6 7 合計
栃木PBC 4 1 11 5 1     22
清瀬武蔵野 0 0 1 0 0     1

負け投手 八幡 

散発2安打に4つの失策がからみ、敗退となった。