新入部員Q&A2018

Q 学校の部活にも加入できますか?
A 部活に加入することをチームとして禁止していません。ただし、活動が著しく制限されるような部活については要相談とさせていただいております。
Q 同じ小学学童のチームから一人だけの参加となりますが、孤独にはなりませんか?
A いろいろな地域から多くの子供たちが集まります。チームメートになるとすぐに仲良くなり友達になります。心配されることは全くありません。
Q 勉強と野球との両立が心配です。学校の勉強についていけますか?
A チーム方針は文武両道を目指しています。子供たちは集中力が増し、勉強も一生懸命にやっています。先輩の中で勉強で進学高校に合格した子供たちもたくさんいます。高校進学については指導者による進路面談もあります
Q 練馬区在住ですが、通えますか?
A 2018.8現在、練馬区から7名の選手が自転車で通っています。実際に地元(清瀬)よりも近郊の市区町村から多くの子供たちが集まっています。参考までに参加分布をご覧ください。
Q 父母のお手伝いはありますか?
A 父は練習試合等の審判、遠征時の車での送迎、母はグランドサポート、試合時のアナウンス等あります。チームの運営は会計を含め父母会でなりたっています。ただし、土日、仕事のある父母も多くいらっしゃるので、その場合は配慮しています。
Q 母のグランドサポートの内容は?
A 輪番で土日の活動日にグランドに来て選手のドリンク補充、グランドに関わる庶務を行います。今期から1日終日担当制を半日に改め2交代制として負担軽減を図りました。1-2回/月の頻度でお願いしています。せっかくグランドに来て頂いているので、選手達の練習する姿をゆっくりと見学して頂ければと思います。
Q 子供の体が小さくクラブチームの活動についていけるか心配です。
A チームでは子供の能力や体力にあわせてチーム作りを行っています。ポニーリーグでは15名で1チーム編成を基本にしておりますので野球で落ちこぼれたりすることはありません。活躍するチャンスはたくさんあります。皆が主役のチーム作りをしています。
Q 清瀬ポニーのセールスポイントを1つ挙げてください。
A 硬式野球ができる専用のグランドが市から貸与されていることです。グランドは水道や水洗トイレが完備されています。またグランドは清瀬ポニー用にカスタマイズ(倉庫やバッチングゲージ等)され各設備が充実しています。
Q 学校の行事と活動が重なったらどちらを優先しますか?
A 学校行事が優先です。
Q 清瀬ポニーならでは特徴はありますか?
A ①中学卒業後も長くスポーツを続けられるよう若年期のスポーツ障害の未然防止の取り組みを行っています。成長期の身体は野球による障害が起こりやすく特に肩、肘、腰に負荷がかかります。入部時の専門機関受診(メディカルチェック)を行いトレーニングメニューを作成しています。その他長めのクールUP、クールdownによりストレッチ運動をしっかりと取り入れています。
A 食事育成トレーニングを取り入れています。成長期の中学生に必要な食事(お米やゆで卵等)をしっかり摂り、体重を増やして怪我をしない体つくりに努めています。
Q 清瀬ポニーでは安全対策をおこなっていますか?
A 不測の事態に備えグランド内にAEDを設置しています。またAEDを選手全員が使えるよう年末に消防署を招いて訓練を行っています。その他、自宅からグランドまでの往復について交通事故予防の観点からチームジャンバーには暗闇でも視認しやすいよう反射板がついています。その他、様々な安全対策を施しています。
Q 他のリーグとポニーリーグの違いを教えてください。
A ポニーリーグは各大会においては予選リーグから始まり多くの公式戦が組まれることです。これにより選手は多くの出場機会に恵まれます。またリエントリ-制により一度試合から退いた選手も再度、試合に出場できます。選手の得意とする分野で活躍する機会を沢山設けています。「野球がどんどん好きになる」ことを理念として掲げています。