1年生試合

7/25.全日本ブロンコ交流戦、成田市営大谷津球場

  2 3 4 5 6 7 合計
羽田ポニーブロンコ 2 1 0 0 0 0 1 4
清瀬多摩P 0 0 1 0 0 1 0 2

負け投手、永田、3塁打、山田、2塁打、榎本

7/24、全日本ブロンコ大会、香取G

  2 3 4 5 6 7 8 9 10 合計
清瀬多摩p 2 0 0 1 0 4 0 0 2 3 12
香取pポニーJr 0 0 0 0 5 1 1 0 2 4x 13

負け投手、敦賀、2塁打、山田2、榎本、泉、9,10回タイブレーク

7/3清瀬g 練習試合

  2 3 4 5 6 7 合計
川越ボーイズ 1 0 0 3 0 0 0 4
清瀬46期生 2 0 0 1 0 2 x 5

勝ち投手、林、2塁打、土井、榎本

4-3の1点ビハインドから6回、二死2,3塁から9番敦賀の中適時打によって逆転に成功した。投げては先発山田が3回2/3を力投し柘植から林へ継投し、抑えた。

7/2清瀬g 練習試合(1,2年生合同)

  2 3 4 5 6 7 合計
大和ボーイズ 4 5 1 0 4 1 0 15
清瀬46期生 0 0 0 1 1 0 0 2

負け投手、永田、2塁打、土井、齋藤、栗原2

6/26 前橋g

  2 3 4 5 6 7 合計
前橋中央ボーイズ 1 0 1 1 2 1 0 6
清瀬46期生 3 4 3 0 2 0 x 12

勝ち投手、林、3塁打、山田、林、2塁打、榎本、牧野2
清瀬は打線がつながり、15安打12得点とした。猛暑の中、守備時間の短さで優位にすすめ、失策0で、最後まで集中力を切らさなかった。
投げては先発林が3回を残りを梅澤、柘植、敦賀へ継投し抑えた。

6/25清瀬g

  2 3 4 5 6 7 合計
清瀬 0 1 0 0 2 2 0 5
東久留米シニア 0 2 0 1 0 5 x 8

負け投手、山田、2塁打、林、榎本、山田2
5回まで3-3でイーブンの戦いであったが、6回の相手の攻撃で5連打、5失点を喫してしまった。
守備では失策が4つあったものの、技術の高さを感じさせる堅実プレーや機転効いたプレーもあった。大きな飛躍が期待される。

5/29 1年生大会 松戸G

  2 3 4 5 6 7 合計
清瀬多摩P 1 0 0 1 1     3
墨田p 5 4 9 1 0x     19

5/22 1年生大会 清瀬G

  2 3 4 5 6 7 合計
清瀬多摩P 0 3 0 0 0 0 0 3
埼北p 0 0 5 2 3 2 x 12

負け投手、林、2塁打、抜井、林
清瀬2回の攻撃で、7番山田、8番永田の連続安打後、9番牧野がきっちり送り、1番抜井が左適時2塁打で3点を先制した。その後、逆転されたものの、強力打戦を相手に失策2とよく守った。投げては、先発林から柘植、山田へと継投した。打たれるのはやむを得ないが、3人で投球数128,与えた四球、6とやや多い。早めに追い込んで有利なカウントから打ち取るのが得策だろう。

5/15 1年生大会 能満G

  2 3 4 5 6 7 合計
清瀬多摩P 1 2 0 0 0 0 4 7
市原八幡 1 0 0 0 1 0 3 5

1-1の同点で迎えた3回清瀬攻撃で、無死1、2塁から2番敦賀が犠打を決め、4番榎本が左適時打で2人を返した。7回にも1、2番の出塁を3、4番の林、榎本がきっちり適時打を放ち、追加点をあげた。投げては先発永田から5回林に継投し、両者、力投した。勝因は投手がゲームをつくれたこと、好機に打線が繋がったことだろう。野球を楽しもう。。次回も楽しみにである。

4/30 清瀬G 練習試合

  2 3 4 5 6 7 合計
清瀬46期生 0 1 0 1 0 5 1 8
浦和シニア 0 0 2 0 0 2 x 4

勝ち投手、山田、3塁打、敦賀、泉、2塁打、林
2-1の1点ビハインドから、4回の攻撃で、左3塁打で出塁した5番泉を6番土井が右適時打で返し同点とすると、6回に8番永田のバントヒットや3番林の中適時2塁打、4番梅澤の左適時打によって逆転に成功。守りでは捕手抜井が3盗阻止するナイスプレーがあった。投げては先発、永田が3回を継投した山田が3回を最終回を柘植が抑えた。3人で四球2や失策0もチームに良いリズムと勢いを与えた。初陣を勝利て飾った。おめでとう。