3年生練習試合

4/10 清瀬G 第二試合

  2 3 4 5 6 7 合計
清瀬 0 1 0 0 0 2 0 3
川越ボーイズ 0 0 0 4 0 1 X 5

負け投手 中平 2塁打 柄澤 石川 3塁打 松村

2回に唐澤、長谷川のヒットで1点先制したが、4回に要所で失策が2つからみ4失点と逆転された。6回に唐澤2塁打、松村3塁打、西田の犠飛で2点を返したが、反撃もここまでだった。先発中平は5回まで、69球数を制球良く投げた。

4/10 清瀬G 第一試合

  2 3 4 5 6 7 8 9 合計
川越ボーイズ 2 4 4 0 0 1 0 0   11
清瀬p 0 0 3 0 2 0 0 1   4

負け投手 柄澤 2塁打 峯 3塁打 中西

2/11武蔵村山総合第一G 第二試合

6-0のビハインドで迎えた3回、峯2塁打、中西3塁打で3点を返したが、終わってみれば9三振を奪われ敗戦を喫した。バットの振りが明らかに鈍い。素振りでカバーしたい。先発唐澤は久々のゲームで、試合の勘を戻せなかった。要所での失策も目立ち、不用意に失点を与えた。全体的に元気なく控え選手も含めもっと声を出そう。

  2 3 4 5 6 7 8 9 合計
清瀬 0 0 1 1 0 5 0 0 1 8
武蔵村山野シニア 0 0 0 0 2 0 0 5 X 7

勝ち投手 佐藤 3塁打 田村 中西 2塁打 峯2

先発中平が5回を投げ、被安打6、自責点2と好投した。3回の攻撃では1塁にランナーをおき田村が右適時3塁打を放ち1点を先制。6回には1死2,3塁から長谷川が中適時打で2-4と逆転に成功した。7-7の同点で迎えた最終回のタイブレークの攻撃(一死満塁)で6番清瀬が中犠飛を放ちサヨナラ勝ちとなった。この試合初のノーエラーで勝利に花を添えた。

2/11武蔵村山総合第一G 第一試合

  2 3 4 5 6 7 8 合計
武蔵村山シニア 3 1 0 0 0 0 1 0 4
清瀬 1 2 0 0 8 1 0 2 12

勝ち投手 菅原 3塁打 藤野 2塁打 新倉

1回の立ち上がりの守りを攻められ、失策もかからみ3失点。しかしこのゲーム機動力を活かしよく走った。好走塁も光った。5回には満塁から藤野の右三塁打や新倉の左二塁打を放ち逆転に成功した。合計4つの失策はあったが、それをカバーすべく8安打放ち12得点として今季初勝利となった。

2/6武蔵府中G 1試合目

  2 3 4 5 6 7 合計
清瀬 0 0 1 0 0 0 0 1
武蔵府中シニア 1 3 0 0 1 1 X 7

負け投手 松永

2/6武蔵府中G 2試合目

  2 3 4 5 6 7 合計
武蔵府中シニア 2 0 0 2 0 0 3 7
清瀬 0 0 0 0 0 1 0 1

負け投手 福田 2塁打 藤野